HOME>記事一覧>レディメイドとフルオーダーのどちらかを選ぼう

目次

同じ形の足は無い

毎日のように使用する靴は、デザインや機能性、種類など様々で、価格も低価格から高価格なものまで豊富に販売されています。ですが、サイズもピッタリで試し履きも良い感触であっても、実際に日常で使用していると歩きにくかったり、足が痛くなったりすることがあります。人の足は同じサイズでも同じ形という訳ではありませんので、本当にフィットする靴が欲しいという方にはオーダーメイドの靴を購入してみてはいかがでしょうか。

木型を選んで作るレディメイド

なお、オーダーメイドには既製品のレディメイドと、フルオーダーの2種類が存在します。まずはレディメイドですが、既製品と言っても豊富に用意された木型を用いて作られる手法のオーダーメイドですので、店舗で販売されている靴よりも自分に合う形の靴を作ることが可能、費用や時間もあまりかからないのが特徴です。

自分の足にピッタリのフルオーダー

そして、もう一つのフルオーダーとは、注文した本人の寸法やデザインに合わせて作られるオーダーメイドのことです。一般的なサイズではなく、足の甲の高さや幅、足の形などの特性を全て靴に再現する手法となっており、費用や時間はややかかりますが、自分だけの靴を作ってもらうことができます。

費用や時間を考慮して選ぶ

オーダーメイドにはレディメイドとフルオーダーという、2つの異なる手法があります。元々存在する木型から作られるレディメイドは費用も比較的安く、時間もかかりません。そして、オーダーメイドは本人の足の形に添って作られるため、費用は高額になり時間もかかりますが、この世に二つとしてない靴を得ることができます。

広告募集中